MENU

iPhoneのバッテリー表示がおかしい!?確認と改善方法について

コラム 最終更新日: 掲載日:
iPhoneのバッテリー表示がおかしい!?確認と改善方法について

iPhoneのバッテリー表示がおかしいと感じたことはありませんか?少し前まで十分あったバッテリーの表示が急激に減っていたり、急に電源が落ちてしまったなど、経験がある方もいるかもしれません。

もしかすると、原因はバッテリー残量の誤認識かバッテリー劣化の可能性があります。こちらのコラムでは、バッテリーの表示がおかしいと感じた場合の解決方法を説明しています。

バッテリー表示がおかしくなる
3つの原因

バッテリー表示がおかしくなる主な原因として下記の2つが考えられます。

①「リチウムイオンバッテリー内蔵のチップに異常があり、誤認識している」
②「iOSがバッテリー残量を誤認識している」
③「バッテリーの劣化」

誤表示を正しくする表示させる方法

上記を原因とする場合の、改善方法についてお伝えします。具体的な内容は下記をご確認下さい。

①iOSのアップデート

iOSをアップデートためしてみましょう。バージョンによって、充電の表示がおかしくなる現象が報告されているものもあります。古いバージョンのままであるのであれば、iOSのバージョンアップで問題が解決される場合があります。

②バッテリーのリフレッシュ

バッテリーリフレッシュを簡単に説明するとフル充電させてからバッテリーを使い切り、またフル充電することです。

バッテリーリフレッシュ方法

まず、バッテリーを100%まで充電させます。充電したら動画やアプリなどで、0%までバッテリー消費します。もう一度100%まで充電してみましょう。正しく表示されるようになることがあります。

③バッテリーリフレッシュもだめなら初期化

それでもなおらない場合は一度初期化してみます。初期化をする前に念のため一度iPhoneのすべてのデータをバックアップしておきましょう。

これらの対処をためしても正しい表示がされない場合は、バッテリーの寿命による劣化が考えられるので、バッテリー交換が必要かもしれません。

リチウムイオンバッテリーの
劣化について

iPhoneにも使用されているリチウムイオンバッテリーは性質上、経年劣化はさけられません。ユーザーの使用状況によっても劣化スピードがことなります。バッテリー劣化を原因とする場合については、バッテリー交換することで解決することができます。

バッテリー交換をご検討される方は、全国の「iCrackedStore」で承っています。電気用品安全法に基づく国の定める安全基準をクリアPSEマーク表示のリチウムイオンバッテリーを使用しているので安心です。

まだ、バッテリーに問題がないのであれば、バッテリーに負担をかけず、長持ちするようにiPhoneを使用することをおすすめします。

バッテリーに負担をかけず
長持ちさせる方法

リチウムイオンバッテリーは、iPhoneの使用する環境や使用方法によって負担を抑えることができます。使用環境については「iPhoneのバッテリー寿命はいつ?劣化を遅らせ延ばす方法とは」をご確認下さい。

また、充放電を繰り返すことでバッテリーが劣化していくので、バッテリーの充電回数を減らすことで、劣化を遅くすることができます。

リチウムイオンバッテリーは、500回のフル充電サイクルによって、最大容量80%を維持できるように設計されています。

500回のフル充電サイクルを遅らせることができればそれだけ劣化を遅らせることができるということです。下記をやることで、電池の消費を抑えることができます。つまり充電までの回数を減らすことにつながります。

iPhoneの消費電力を抑える方法

  • バッテリー消費量の多いアプリの削除
  • iPhoneの自動ダウンロードをオフ
  • Appのバックグラウンド更新をオフ
  • 位置情報サービスの使用許可をオフ
  • 位置情報共有をオフ
  • 明るさの自動調節をオフ
  • Air Dropをオフ
  • Bluetoothをオフ
  • 視差効果を減らすをオン
  • 壁紙で「ダイナミック」を使わない
  • 不要な通知をオフにする
  • iCloudの同期項目を減らす
  • 接続確認をオフにする

バッテリー残量を%表示して
見やすく管理

電池マークの表示だけだけだと、充電残量の判断が付きにくいです。電池マークの表示のみになっているのであれば、まず、バッテリーの残量を管理するために、電池マークのとなりに残量パーセンテージを表示させましょう。

バッテリー表示がみやすくなるだけではなく、充電のタイミングも把握しやすくなります。

表示方法:iPhone設定>「バッテリー」>「バッテリー残量(%)」オン

まとめ

iPhoneのバッテリー表示がおかしいなと感じたら、「iOSの確認・アップデート」「バッテリーリフレッシュ」「初期化」を試してみましょう。

それでも、充電が急激に減ったり、なくなったりしてしまう場合は、バッテリー交換で解決するかもしれません。

iCrackedでiPhoneのバッテリー交換をしています。ぜひご相談ください。