MENU

iPhone画面が真っ暗になる5つの原因と対処方法

コラム 最終更新日: 掲載日:
iPhone画面が真っ暗になる5つの原因と対処方法

iPhoneを操作していたら、「急に画面が真っ暗になった!」「いきなりブラックアウトした!」なんてことはありませんか?動かなくなってしまい、画面に触れても、電源ボタンを押しても反応がないという現象は意外にめずらしくありません。

故障してしまったと焦る前にやってみるべき対処方法を説明します。ためしてみても問題が解消されない場合は修理してもらいましょう。

画面が真っ暗になってしまう!ブラックアウトの原因について

画面が真っ暗になっている場合は、2通りあげることができます。実際は、電源は入っているが画面が真っ暗のために電源がオンになっているのかそもそも確認できない状態である場合。もう一つが、電源が入っていない、入らなくなってしまったという場合です。

1.バッテリーが切れている

バッテリーの充電切れが原因で画面が真っ暗になっているかもしれません。数パーセントの充電が残っていても、電波状況や裏側で複数のアプリが起動していることで、一気にバッテリーを消耗して残充電が0になってしまうことがあります。

急激に電池を消耗してしまったことに気づかず、ブラックアウトしているとあせってしまい故障を疑うかもしれません。

その場合は、サイレントボタンを押してみてください。振動があるか、音が鳴っているかを確認しましょう。

何も反応を感じることができなければ、バッテリー切れが原因かもしれません。バッテリー切れが原因なのであれば充電することで改善します。

2.バックライトが切れている

iPhoneのバックライトが全く点いていないと、画面は真っ暗になってしまいます。側面にある、消音モード(マナーモード)スイッチを切り替えてみてください。

マナーモード設定している場合は、切り替えることで振動が起きますので、振動があれば電源は入っていることになります。強制再起動することで改善することがあります。

このように、画面が真っ暗なのに動く場合は、バックライトが切れていることが原因と考えられます。

3.ディスプレイケーブルが外れている

iPhoneの内側にある画面と本体を接続しているケーブルが外れている、断線していることが原因で画面が真っ暗になっているかもしれません。

落下させてしまったり、強い衝撃が加わったりすることで、ディスプレイケーブルが外れることがあります。

断線だけが起こることに関しては稀なことで、ほとんどがガラス割れや液晶割れが一緒になっています。その場合は修理してもらう必要があります。

4.水没している

水没による基盤の損傷やショートが原因で画面が真っ暗になることがあります。水に落とした覚えがない場合でも、お風呂に入りながら使用することで湯気、水蒸気が原因で水没してしまうことがあります。

また、画面が割れているままで使用されている方もいるかと思います。ひび割れたまま使用することで通常であれば心配のない水分がiPhone内部に入り込んでしまいます。その場合は修理が必要です。

5.システムの不具合

iPhoneのソフトウェア(iOS)やシステムに問題が起きたことが原因で、画面が真っ暗になってしまうことがあります。iOSアップデート時に不具合が出ることがあります。

例えば、iOS13にアップデートした際に、アプリが動かない、アップデートが終わらない、iPhoneが起動しないなどの問題が報告されています。これらの問題は、強制再起動することで、改善することがあります。

強制再起動について

iPhoneの画面が真っ暗になってしまい操作がきかなくなってしまった場合は、強制的に再起動させてみましょう。有効的な方法です。強制再起動することで、問題改善される場合があります。

画面が真っ暗でも、ボタンが反応していなくても強制再起動をすることができます。もし、この方法で問題が解決されなかった場合は、修理するしかないかもしれません。

強制再起動をする方法

強制再起動のやり方は、iPhoneの機種によって違いがあります。下記の方法を確認してください。

①音量を上げるボタンを押してすぐはなす。
②音量を下げるボタンを押してすぐはなす。
③スリープボタンを長押しします。
④Appleロゴが表示されたらボタンをはなしてください。

こちらの方法は、下記iPhoneモデルに対応しています。
iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X 、iPhone XS、iPhone XS MAX、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 PRO、iPhone 11 PRO MAX、iPhone SE(第2世代)、iPhone 12、iPhone 12 PRO、iPhone 12 PRO MAX、iPhone 12 mini

①音量を下げるボタンとスリープボタンを同時に長押しします。
②Appleロゴが表示されたらボタンをはなしてください。

こちらの方法は、下記iPhoneモデルに対応しています。
iPhone 7、iPhone 7 Plus

ホームボタンと上部ボタンもしくは右側のサイドボタンを同時に長押しします。Appleロゴが表示されたら強制的に再起動されるので、ボタンをはなしてください。

こちらの方法は、下記iPhoneモデルに対応しています。
iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone SE(第1世代)、iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus

強制再起動する前に再起動をしたい方は下の関連記事をご参考ください。

強制再起動ができない場合

強制再起動をためしてみたが、強制再起動すらできない場合は、以下のことが考えられます。

強制終了できるほどバッテリーが残っていない

強制終了をする場合は、瞬間的にバッテリーを消耗します。そのため、バッテリー不足により強制終了できないことがあります。その場合は、1度iPhoneを充電して、バッテリー不足を解消してください。

電源ボタン・音量ボタン・ホームボタンが壊れている

強制終了させるためには、電源ボタン・音量ボタン・ホームボタンを使用します。その場合、これらの部品が壊れていると再起動することができません。

まとめ|ソフトウェアかハードウェアの故障によって対応が変わる

画面が真っ暗になってしまう原因は、ソフトウェアかハードウェアのどちらかに原因があります。ソフトウェアが原因であれば、強制再起動で解決することがあります。ハードウェアが原因の場合は修理する必要があるので、修理店に持っていきましょう。

iCrackedでも、iPhoneの修理を受けています。画面が真っ暗になっただけではなく、画面修理、バッテリー交換など、お困りのことがあれば相談してください。

全国のiCracked Storeはこちら