MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

【iPhone】ドックコネクタの故障。充電できないだけでなく電波にも影響が!?

iCracked Store キャナルシティ博多 最終更新日: 掲載日:

こんにちは、iCrackedキャナルシティ博多です。

今回はドックコネクタの修理についてです。

ドックコネクタとは、充電ケーブルを差す充電口のことです。

ドックコネクタ部分が故障すると充電ができなくなったり不便ですよね。

ドックコネクタの故障と対処法

充電ができない

充電器を差しても反応がなかったり、しばらく経っても全く充電がたまらない。

これはドックコネクタ内部の金属の接触部分が折れてしまったり、中が劣化してしまったり、充電ケーブルの差し込み口にゴミや汚れが付着していると、接触不良のため充電できないことがあります。

 

こちらの対処法としては、綿棒や乾いた布で差し込み口を拭き取ってキレイにして、ケーブルを差し込み直してみてください。

それでも改善しない場合は、ドックコネクタ内部の金属の接触部分が折れてしまったり、中が劣化してしまったりしている可能性が高いです。

または、電源が落ちた後充電ケーブルを差しても立ち上がらないという場合には、バッテリーに問題がある可能性もあります。

 

「このアクセサリは使用できません」と表示される

充電器を差し込むと「このアクセサリは使用できません」と表示され、使用できないことがあります。

“このアクセサリ”とは、ほとんどの場合がiPhoneの充電ケーブルのことを指します。

この表示が出てくる場合、使用している充電ケーブルに何らかの不具合があります。

 

純正の充電ケーブルを使用していない場合、純正の充電ケーブルを使用して試してみましょう。

純正の充電ケーブルの方が純正ではないケーブルに比べて断線・破損が起こりにくいと言われております。

純正のものかどうかを知りたい場合は、充電ケーブルのパッケージに「Made for iPhone」のロゴが入っているか確認してみましょう。

 

ケーブルが奥まで差し込めない

充電ケーブル差し込み口にホコリなどの異物が溜まって奥まで差し込めないことや充電ケーブルの差し込み口が歪んで差し込まめないこともあります。

差し込み口はフタなどは付いていないためホコリが溜まりやすいですし、充電器を抜き差しするたびに、充電ケーブルに付着したチリやホコリが差し込み口奥深くへと入ってしまうことも考えられます。

また、充電器の抜き差しを無理矢理引き抜いたりすると、充電ケーブルが歪んだり、充電口の部分が破損してしまうこともあります。

 

ホコリなどが原因で差し込めない場合は、爪楊枝やSIMピン、針金の先など、先の尖ったもので充電ケーブル差し込み口から異物を取り除いてみましょう。

精密機器などで慎重にするよう注意してください。

 

電話の音声が相手に伝わらない

マイクの故障により、通話時に相手に音声が伝わらないことがあります。

通話時に使われるマイクは底面マイクと呼ばれドックコネクタのパーツの一部であるため、ドックコネクタ修理が必要となります。

ですがドックコネクタの修理をする前に確認できることもあります。

この場合は対処法として2パターン考えられます。

 

①再起動をしてみる

iPhoneの不具合の多くは再起動で改善できます。

【機種別の再起動方法】

・iPhone 5シリーズ以前、iPhone SE(第1世代)

  1. スリープ/スリープ解除ボタン(トップボタン)を長押しする
  2. システム終了画面が表示されたら「スライドで電源オフ」の左側にある
  3. 電源マークを右側にスライドする
  4. そのまま30秒程度待つとiPhoneの電源が切れます

・iPhone 6/7/8シリーズ、iPhone SE(第2世代)を再起動する方法

  1. サイドボタンを長押しする
  2. システム終了画面が表示されたら「スライドで電源オフ」の左側にある
  3. 電源マークを右側にスライドする
  4. そのまま30秒程度待つとiPhoneの電源が切れます

・iPhone X/XS/XR/11/12シリーズを再起動する方法

  1. 音量を上げるボタン(上)または音量を下げるボタン(下)のどちらか片方と、サイドボタンの2つを同時に長押しする
  2. システム終了画面が表示されたら「スライドで電源オフ」の左側にある電源マークを右側にスライドする
  3. そのまま30秒程度待つとiPhoneの電源が切れます

 

②電波の確認

電波状況が悪いエリアで通話をしていると、自分の声が相手に伝わらないときがあります。

電波のマークを確認し、0〜1本しか立っていなかったり、「圏外」の表示が出ていたりする場合は、電波状況が不安定になっている状態です。

通話が途切れたり、自分の声が相手に聞こえなかったりします。場所を変えてもう一度通話を試してみましょう。

 

それでも改善がない場合は修理を!

ドックコネクタは充電をしたり、通話時のマイクなどを使用する時に大事な部分です。

放置しておくと生活に支障をきたす方も少なくないはずです。

ドックコネクタには

  • 充電口
  • マイク
  • イヤホンジャック(iPhone6sまで)
  • バイブレーション接続部分
  • アンテナ

がついておりドックコネクタの問題の場合はパーツ交換改善されますが基盤故障の場合はApple正規店での対応になります。

症状の多くはドックコネクタに原因がありますが、充電ケーブルの故障が原因の場合もあります。

一度ご家庭にある他の充電ケーブルで充電出来ないか調べてから問い合わせをしましょう。

また、非純正ケーブルを使用すると端末故障やバッテリー故障にも繋がる為、ケーブル購入を検討している場合はApple純正をお勧めします。

 

iPhoneが故障したらiCrackedキャナルシティ博多にご相談ください!

 iCracked(アイクラックト)キャナルシティ博多は、キャナルシティ博多サウスビル2階にあるiPhone/Google Pixel修理店。

バッテリー交換や画面修理・カメラ修理など、データそのまま・最短30分・対面修理」で承ります!

キャナルシティ博多に店舗を構えているので待ち時間に映画を観たり、買い物を楽しんでいただくことも可能です♪

営業時間は、10:00〜21:00(最終受付20:00)まで。

キャナルシティ博多まではJR博多駅より徒歩10分程・天神から西鉄バスを使って8分程でアクセスできますよ♪

博多でiPhone・Google Pixel修理店をお探しなら、iCrackedキャナルシティ博多にお任せください!

※修理料金の詳細は「iCrackedキャナルシティ博多」から

※Web予約は「かんたん予約」から

この記事を書いた店舗

iCracked Store キャナルシティ博多

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone 修理は勿論、国内唯一の Google 正規サービスプロバイダとして Google Pixel シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒812-0018

福岡県福岡市博多区住吉1-2 キャナルシティ博多サウスビル2F


10:00〜21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 092-262-1214


キャナルシティ博多店HPへ ストア一覧へ