MENU

iPhoneバッテリーが復活する?バッテリーリフレッシュとは

コラム 最終更新日: 掲載日:
iPhoneバッテリーが復活する?バッテリーリフレッシュとは

iPhoneのバッテリー残量が80%以上残っていたはずなのに、気づいたら20%まで減っていたな んてことはありませんか?もしかするとバッテリー表示と実際のバッテリー容量が乖離しているからかもしれません。

もしくは、バッテリーの劣化が原因かもしれません。この誤表示はバッテリーリフレッシュをすること で、解決することがあります。バッテリーリフレッシュでも解決しない場合はバッテリー交換が必要 かもしれません。

こちらのコラムで、バッテリーリフレッシュについて説明しています。もしも、最近バッテリーの減る スピードがおかしいなと感じられる方は参考にしてください。

iPhoneのバッテリーリフレッシュとは?

iPhoneのバッテリーリフレッシュとは、バッテリー残量表示の間違いを改善させる方法です。リフレッシュと聞くと、バッテリーの状態が良くなるようなイメージを持たれるかもしれませんが、劣化したバッテリーが改善するものではありません。

あくまで、バッテリーが実際の残量ではなく、誤認識している残充電を正常に戻すことがiPhoneのバッテリーリフレッシュの目的です。

バッテリーの表示間違えが起こる原因

そもそも、バッテリーが充電量を誤って表示してしまう原因とはなんでしょうか。代表的な原因として「バッテリー表示の不具合」か「バッテリーの寿命が近づいている」の2つがあげられます。最初に、バッテリーの寿命が原因の場合は、バッテリー交換を検討してください。

iPhoneバッテリーのリフレッシュ方法

iPhoneのバッテリーリフレッシュの方法を説明します。簡単に伝えると完全放電と満充電を行うだけです。下記の具体的な手順を2回繰り返してください。

ただし、リフレッシュを実行する前にiOSのバージョンを確認しておきましょう。バージョンによっては、充電の表示がおかしくなっている不具合が報告されているものもあります。ですので、iOSを最新にすることで解決することもあります。

⓵バッテリーの残量0まで使い切る

iPhoneバッテリーをリフレッシュするには、まず、バッテリーの残量を0にしてください。まずは、バッテリーを使い切ることからスタートします。自動的に電源が落ちるまで使い切ってください。

⓶電源が落ちたら3時間以上放置

自動的に電源が落ちたら、そのまま3時間以上放置します。シャットダウンしたら、3時間以上放置するというのがポイントです。3時間以上放置させることで、バッテリーを完全に放電させることができます。

③放電が完了したフル充電

3時間以上放置して放電が完了したら、普通に充電器を使用して、100%まで充電します。残量が100%と表示された場合は、すぐには電源を抜かず数時間充電つづけることがポイントです。しっかりと満充電させることができます。

また、電源は壁のコンセントからにすることをおすすめします。パソコンやモバイルバッテリー、タコ足配線だと、供給される電力の安定が難しくなるので中々充電されないためです。

バッテリーリフレッシュの注意点

iPhoneバッテリーリフレッシュは、充電と放電を繰り返すだけの簡単な作業です。しかし、間違った方法で行ってしまうとバッテリーに負荷がかかり、劣化させてしまいます。

リフレッシュのやりすぎに注意

バッテリーリフレッシュを何度も繰り返すことでバッテリーに負荷がかかってしまうので注意が必要です。

適度にリフレッシュをするのは、バッテリーの負担を減らすことができて長持ちさせることができる効果が期待されています。

しかし、一方では、iPhoneのリチウムバッテリーは、フル放電・フル充電をやりすぎるとバッテリーの劣化につながるという側面があるからです。

長時間の完全放電

完全放電してからの放置に注意しましょう。完全放電させるためにシャットダウンしたら、3時間以上放置する説明をしましたが、この状態が長く続くとバッテリー劣化につながります。起動しなくなるなんてことも考えられるので注意が必要です。

バッテリーの劣化が改善するものではない

前述のとおりで、リフレッシュはバッテリーの劣化を改善するものではありません。あくまで、バッテリー残量が正しく表示されるようになるだけです。以上の注意点を理解してから、実際にリフレッシュ作業を行ってみましょう。

バッテリーは、iPhoneを普通に使用しているだけでも日々劣化していくものです。劣化を遅らせたい場合は、リフレッシュではなく、寿命を延ばすことを考えたほうがいいです。

iPhoneバッテリーの寿命を延ばすにはどうすればいいのか気になる方はこちら、バッテリー劣化について気になる方はこちらに詳しく記載していますので、参考にしてください。

バッテリーリフレッシュでも正常に戻らない場合

バッテリーリフレッシュを試してみても、改善が見られない場合はバッテリー交換をおすすめします。バッテリーの劣化が原因の可能性が高いです。

バッテリーを交換する場合は、Apple Store、正規サービスプロバイダ、非正規店から店舗を選択することができます。

iCrackedでは、法律で定める技術基準に適合した「PSEマーク表示バッテリー」を使用したバッテリー交換をしています。ぜひバッテリー交換でお困りの方は「全国のiCracked Store」にお任せください。

まとめ

いかがでしたか?iPhoneのバッテリーリフレッシュの方法について説明しました。バッテリーリフレッシュは、バッテリー不具合による表示間違いを直すものです。

まずは、「⓵バッテリーの残量0まで使い切る」>「⓶電源が落ちたら3時間以上放置」>「③放電が完了したフル充電」ためしてみて特に変わりがないようでしたら、バッテリー交換しましょう。

全国のiCracked Storeはこちら