MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

LINEMO(ラインモ)の解約金、違約金、事務手数料は?

iCracked Store 銀座ロフト 最終更新日: 掲載日:

LINEMO(ラインモ)の手続きに必要な費用

LINEMO(ラインモ)は乗り換えのためのハードルを極力なくし、誰でもスムーズに移行できるようなサービスになっています。
そのため多くの手数料などが0円に設定されているのですが、乗り換えの場合、乗り換える元の契約によってそちら側に手数料や違約金が発生する場合があります。
そこで、LINEMO(ラインモ)の事務手数料などを整理しておきましょう。
なお、表示価格は税込です。

契約時の手数料

0円です。
ただし、MNP転入の場合は別途費用が発生する場合があります。
MNP転入というのは、今使っている電話番号をそのまま引き継いで事業者を変えることです。
費用が発生するのは解約する側なので、手数料がかかるかどうかは現在契約中の携帯電話会社の方で契約内容を確認する必要があります。

LINEMO(ラインモ)に解約金はなし

LINEMO(ラインモ)は、最低利用期間がありません。
つまり違約金という考え方はなく、いつ解約しても解約金はかかりません。
新規契約をするときの事務手数料やMNP転出手数料などもなく、とてもわかりやすくなっています。
これまでは2年定期契約の縛りがあり、更新月以外に解約した場合は解約金が発生するのが一般的でした。
これを気にして乗り換えにとまどっている人も少なくないようですが、心配はいりません。

LINEMO(ラインモ)とLINEモバイルは違うサービス!

LINEMO(ラインモ)と混同しやすいのが、LINEモバイルです。

LINEMO(ラインモ)はご存知の通り、SoftBankとLINEが新しく組んで始めた最新のサービスとなっています。
一方で、LINEモバイルは、LINEモバイル株式会社が提供するサービスで、MVNO(いわゆる格安SIM)の回線サービスです。
使う回線もLINEMO(ラインモ)はSoftBankの通信回線とまったく同じですが、LINEモバイルはドコモ、au、SoftBankから回線を借りてサービスを提供しており、通信の速度や安定性に差があります。

そして、何より重要なのはLINEモバイルは2021年3月末で新規受付が終了しているです。
利用中のユーザーにはこれからもサービス提供が続きますが、もしこれを機にLINEMO(ラインモ)のほうに乗り換えようとした場合、LINEモバイルに関しては解約事務手数料が発生する場合があります。

ベーシックプランを利用している場合は、SIMタイプ問わず解約事務手数料は1,100円です。
旧料金プラン(LINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+プラン)を利用している場合、2019/9/30までに課金開始していると解約手数料は発生しません。
それ以降の課金開始は解約手数料1,100円が発生する可能性があります。
データSIMは解約手数料は発生しませんが、これと混同しないようにしましょう。
ちなみにLINEモバイルを解約するには、LINEモバイル公式アカウントからマイページにログインして解約手続きをすることになります。
ただし乗り換える場合は解約ではなく、MNP転出手続きとなりますので注意しましょう。

SoftBankからの乗り換えは解約料無料

SoftBankの提供するサービスですので、本来はかかるSoftBankの契約解除料や乗り換え手数料などが無料になります。
本来であればMNP転出手数料3,000円、Web事務手数料3,000円、違約金9,500円、契約事務手数料3,000円といったさまざまな費用がかかるのですが、これらがすべて無料になるというのはうれしい限りです。
こうした縛りから解放されるためにも、これを機にLINEMO(ラインモ)に乗り換えるという手もあるでしょう。
ただしLINEMO(ラインモ)はご存知の通り、すべてオンライン完結でショップでの受付もされませんので、対面でのサポートを必要とする人には向かないサービスです。

気になるブラックリストは本当にある?

いくら解約金が0円だからといって、短期間に契約しては解約するといった行為を繰り返すのはやめましょう。
そうなるというわけではありませんが、契約するなら当然、長く使うつもりでしっかり考えて会社を選びましょう。

乗り換えするなら保険も忘れずに

LINEMOは契約を自由にすることに特化したサービスなので、基本的に乗り換えもしやすいですし、後々ほかのキャリアに変えたいと思っても解約料金がかかりません。
これを機に乗り換える場合は、LINEMOはすべてオンライン対応であり、万が一のトラブルでも自分で対処しなければならないことは忘れないようにしましょう。
端末にもしものトラブルが起こった場合、すべて自分で対処するしかありませんので、備える保険は忘れないようにしましょう。

モバイル保険なら、月額700円で3台まで1つの契約に入れることができます。
年間10万円まで修理費用が補償され、もしものときにも自分で費用を負担する必要がありませんので安心です。
機種変更しても補償は継続されるので、これを機にぜひ備えておきましょう。

モバイル保険の詳しい説明はこちら

この記事を書いた店舗

iCracked Store 銀座ロフト

iCracked Store 銀座ロフト

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒104-0061

東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館3F


平日・土曜・祝日 11:00~21:00《最終受付20:00》日曜 11:00~20:00《最終受付19:00》 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため 4/25〜5/11は下記の営業時間となります。 11:00~18:00《最終受付17:00》

☎ 03-6228-6174


ストアページへ ストア一覧へ