MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

あなたの持ち方、危険かも!!?

iCracked Store 渋谷

みなさまこんにちは!

お久しぶりです、渋谷です!!

最近、すぐ隣にオープンしたタピオカのお店が、雨の日でさえ

当店の目の前にまで並ぶほど長蛇の列になり、賑わいを見せています。

タピオカ美味しいですよね(´ー`)

 

さて、本題です。

外出する頻度がどんどん増えるこの時期、みなさまは

スマホをどこに入れて持ち歩きますか?

実は、持ち歩くときに入れる場所が原因で、思わぬ故障を招くことがあります。

そこで今日は、故障の危険性が高い持ち歩き方をご紹介していきます!

 

1. お尻のポケットに入れる。

なぜ危ないかというと、お尻のポケットに入れた時にしゃがんだり、

屈伸運動をしてしまうと、お尻に密着するようにスマホを押し曲げる負荷がかかります。

その結果、画面などではなく、直接基盤にダメージを与えてしまう恐れがあり、

危険です。

他にも、シンプルに、ポケットに入れてることを忘れて座ったり。。。

気を付けましょう!

 

2. カバンの中に入れる。

意外と認識されていないのが、このパターン。

具体的には、カバンの中に入っている、他の物がきっかけとなりえるのです。

スマホの画面というのは、落下などの衝撃で割れるだけでなく、表面や中の液晶部の素材がガラスだったりするため、

圧力がかかるだけで破損することもあります。

その為、カバンの中に、水筒や厚めの本、その他金属機器と一緒にしてしまうと非常に危険なので、

せめてカバンの中でも、内ポケットに入れるなど工夫をして下さい!

 

3 . 胸ポケットに入れる。

サラリーマンの方に多いと思いますが、最もリスクのある持ち歩き方なため、なるべくはお控えください。

理由としては、胸ポケット自体があまり保持力のない構造だったり、落ちた時の落差も大きくなります。

また、男性に多いのが、汗によって本体が水没してしまうことさえあるからです。

 

いかがでしたか?

落としたくないと思ってカバンに入れたら今度別の理由で壊れてしまったり、管理は意外と難しいのは事実です。

しかし、修理のコストを考えると、ちょっとの意識で防げるわけなので、参考にしていただければ幸いです。

 

最後に、本日もまだご予約可能ですので、お早めに!!

それでは、良い一日をー!

この記事を書いた店舗

iCracked Store 渋谷

iCracked Store 渋谷

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12−10

10:00~22:00《修理最終受付は21:00まで》 年中無休(年末年始一部を除く)

03-5784-0671

ストアページへ