MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

ドコモの新料金プラン「Ahamo(アハモ)」のメリット・デメリットは? 注意点をまとめました!

iCracked Store 渋谷 最終更新日: 掲載日:

NTTドコモから新料金プラン「Ahamo」が発表されました。
データ容量20GBで月間2,980円という安さでありながら、複雑な割引や条件もないシンプルなプランということで、情報発表直後から大きな話題になっています。

しかし条件はないといっても、従来のプランとは一線を画す安価な料金から、思わぬ穴があるのではないかと気になってしまいますよね。

そこで本記事では、Ahamoのメリット・デメリットを整理していきます。
乗り換えを検討している人はぜひ参考にしてください。

Ahamoのサービス内容

Ahamoロゴ
まずはAhamoのサービス内容を表に整理しました。
サービスの提供は2021年3月の開始予定となっており、キャンペーンサイトにて先行エントリーが開始されています。

月額料金 2,980円(税抜)
月間データ容量 20GB
容量超過時の通信速度 最大1Mbps
容量超過時の容量追加 1GBあたり500円(税抜)
通信 ドコモの4G・5G
音声通話 1回あたり5分以内の国内通話無料
月額1,000円(税込)でかけ放題オプション利用可
事務手数料 「新規契約事務手数料」「機種変更手数料」「MNP転出手数料」は無料
海外での利用 82の国々・地域で追加料金なく利用可

 

Ahamoのメリット

Ahamoはこれまでの携帯電話の料金プランに比べて画期的な内容です。その特徴を挙げていきます。

1. 単純に利用料金が安い

Ahamoの料金はデータ容量20GB、5分以内の国内通話が利用出来て月額2,980円(税抜)と非常に安価です。

ドコモの既存の料金プランと比較すると、使用量に応じて段階的に金額が変わる「ギガライト」で容量1GBに抑えても4,000円ほどかかりますので、切り替えればまず安くなる金額といえます。

▼NTTドコモの利用料金の比較

料金プラン データ量 月額合計
Ahamo 20GB 2,980円
5Gギガライト ~1GB 3,850円
~3GB 4,850円
~5GB 5,850円
~7GB 6,850円
5Gギガホ 30GB 8,350円
5Gギガホ プレミア ~3GB 5,850円
無制限 7,350円

※「ギガホ プレミア」は2021年4月1日提供開始予定のプラン。
※「ギガライト」「ギガホ」「ギガホ プレミア」は、国内通話5分無料のプラン(月額700円)を加算。「2年定期契約」をはじめとする割引は適用なし。

 

2. 手数料や割引の条件がない

Ahamoは、利用者に料金やサービス内容をしっかりと納得してもらうことをコンセプトとしています。
新規契約事務手数料MNP転出手数料細かい割引の条件もありません。

スマホの通信料というと、その料金体系が分かりづらいというのがネックでした。
割引が多数用意されているものの、その条件や割引額が容易に確認できない上、HPや広告で表示される金額が割引適用後の額となっていることも多く、自身に適したプランを見つけるのが難しいのです。

このような複雑な料金プランが並ぶ中で、分かりやすくて安いというのは大きなポイントです。

 

3. 容量超過後の通信速度も遅くはない

スマホの通信は、月間のデータ容量を使い切ると通信速度に制限がかかり低速化してしまいます。Ahamoはこの制限後の速度が1Mbpsとなります。
ドコモの従来のプランでは、月間容量30GBの「ギガホ」のみ1Mbpsでしたが、他のプランは最大128kbpsでした。
1Mbpsは従来の8倍ということになり、画質を落とせば動画も見ることが出来る速度です。容量を超過した際にも、容量追加せずとも十分通信を利用することが出来ます。

尚、auやソフトバンクの制限後の速度は128kbpsです。MVNOには同じように緩い制限のサービスもありますが、3大キャリアではドコモのみ緩和されることになります。

 

4. 海外82の国と地域で追加料金なく利用可能

これまでのドコモのサービスでは、海外で利用する場合には短期の定額パックを申込するか、申込不要で使った量に応じて料金が支払(最大2,980円/日)する必要があり、いずれにしても追加料金が発生します。

Ahamoでは追加料金なしで、同じデータ容量20GBの中で通信を利用することが出来ます。
海外利用が多いユーザーには非常に大きなメリットとなっています。

料金プラン 月額合計
パケットパック 1時間プラン 200円
24時間プラン 980円
3日間プラン 2,480円
5日間プラン 3,980円
7日間プラン 5,280円
海外パケ・ホーダイ 最大2,980円

※海外パケ・ホーダイは、20.5万パケット(約25.5MB)以上で上限の2,980円となります。

 

Ahamoのデメリット・注意点

気になるAhaomoの注意点を整理していきます。

尚、もともと提供開始直後はドコモユーザーでもMNP手続きが必要とされていましたが、システム改修の目途がついたということで提供開始時より簡易なプラン変更のみで対応できることとなりました。

1. 受付はオンラインのみ

おそらくAhamoの利用を躊躇する最大の理由となるのが、申込をはじめとするAhamoの受付は全てオンラインでの対応となっていることです。
新規契約はもちろん、契約後の手続きや相談もWebサイトや専用のアプリでの受付となっており、ドコモショップで対面でサポートを受けることが出来ません。

若いデジタル世代にとっては特別問題ないかもしれませんが、スマホや通信関連の知識があまりない人にはハードルが高いです。
不安な場合は、周りに頼れる家族や友人、知人を見つけた上で申し込むのが無難だと思われます。

 

2. MNPが必要

Ahamoはドコモの新料金プランですが、3月のサービス提供開始直後はドコモを利用中でもMNPが必要です。手数料や解約金などの負担はないものの、手続きが発生します。
これはシステム対応が間に合っていないためで、完了予定の5月以降はプラン変更で簡易に変更することが出来ます。

12月22日の発表で、ドコモの既存ユーザーがAhamoを利用する場合には、サービス提供開始直後から簡単なプラン変更のみで手続きできることになりました。
そのため、ドコモユーザーであればMNPは不要となります。

 

2. 既存のドコモの割引が利用できない

現在ドコモで用意されている割引(みんなドコモ割やドコモ光セット割)は、基本的に利用することが出来ません。

とはいえ、Ahamoと従来の料金プランの差が大きいため、割引が無くなることを加味してもAhamoに切り替えた方が安価になることがほとんどです。
ドコモにまとめておく必要もなくなるので、それぞれ最適な質・価格のサービスを再度検討できると考えれば、あまり大きな問題ではなさそうです。

 

3. 従来より海外で利用できるエリアが少ない

Ahamoのメリットの1つに海外でも追加料金なく通信を利用できる点がありますが、その提供エリアに関しては従来より少なくなっています。
主要な国・地域は抑えていますが、海外利用を多く見込んでいる場合には行き先が対象に含まれているか、事前に確認しておきましょう。

 

4. キャリアメールが利用できない

ドコモを利用している場合、「@docomo.ne.jp」のドコモメールを利用することが出来ますが、Ahamoではこれが使えなくなります。
連絡や各種サービスの登録に使っている場合には、事前に別のアドレスを取得して変更していく必要があります。

 

5. 契約できるのは20歳以上

20歳未満の子どもがAhamoを契約するには、親権者の名義で登録をした上で利用者登録をする必要があります。
ただ現状も、未成年者本人の名義で契約できるものの親権者の同意書が必要なので、手続きの手間や必要書類の数などではあまり差がなさそうです。

尚、2022年4月から成人の年齢が20歳から18歳に引き下げられますので、それまでに「20歳未満」と「未成年」の基準が改められる可能性があります。

 

故障やトラブルに備える

Ahamoの受付はオンラインのみで、Webサイトや専用アプリでの対応とされています。
故障や紛失、盗難などの緊急を要するトラブルに関しては、専用の電話窓口が開設される予定とのことですが、店頭ではおそらく対応してもらえません。
スマホの故障やトラブルが起きた場合にはどうすればよいのでしょうか。

スマホの修理店自体は、街中に多数あります。キャリアを頼れない場合に備えて、第三者の修理店を利用することも想定しておくことをお勧めします。
当店iCrackedもスマホの修理店の1つで、iPhoneやGoogle Pixel、Xperiaの一部機種の修理を実施しております。

そして、このようなキャリア以外の修理店を使う場合、当然キャリアの補償サービスを利用することはできません。
もしもの時のためにモバイル保険の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

1. モバイル保険とは

モバイル保険は、月額700円で年間合計10万円まで、Wi-FiやBluetoothにつながるモバイル通信機器全般を補償してくれるスマホの保険です。
メーカーの保証、キャリアの補償と比較してもお得な内容ですので、Ahamoでなくても利用をおススメしたいサービスです。

モバイル保険については、下記の記事でも詳しく説明していますので、参考にどうぞ。

参考記事:「モバイル保険のメリット・デメリット教えます!」

 

2. 好きな修理店を利用可能

モバイル保険は、あくまで費用負担を補償するサービスです。
スマホが故障した際に使用する修理店は、メーカーやキャリアはもちろん非正規の街の修理店でも問題がなく、ユーザーが自由に選択することが出来ます。
ドコモが利用できない、ドコモの補償サービスが利用できない場合にも、信頼できる修理店に持ち込んで修理・相談を依頼してください。

 

3. Ahamoの変更・乗り換え時には補償の切り替えが必要?

現時点ではAhamoで利用できる補償サービスの情報はありません。
ドコモは「ケータイ補償サービス」という補償を提供していますが、Ahamoでは利用できない可能性があります。
また、auやソフトバンクからの乗り換えを考えている場合にも、機種変更せず同じスマホを使うのであればドコモの補償に入れない可能性が高いです。

モバイル保険は、機種変更やキャリアの変更をしても登録内容を変更することで、そのまま継続利用することが出来ます。
購入から1年以内、もしくはキャリアなどの補償適用中であれば登録することが可能なので、Ahamoに切り替えても問題なく補償されます。

 

まとめ

Ahamoは料金や内容は間違いなく優良なサービスといえます。
やはり問題は全てオンラインのみの受付という点で、ドコモのサポートなく自身で対応しきれるかどうかが、切り替えの判断基準になりそうです。

ただ、今後他のキャリアが追従しないとは思えません。
サービスが提供開始となる3月まで、各社の動向には注目していきましょう。

ご紹介したモバイル保険は、下記のリンクからも詳しい説明を見ることが出来ます。
気になった方はぜひご確認ください。

モバイル保険の詳しい説明はこちら

この記事を書いた店舗

blog-writing

iCracked Store 渋谷

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12−10


10:00~21:30《最終受付21:00》年中無休

☎ 03-5784-0671

ストアページへ 全国のストア一覧へ