MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

失くし物や忘れ物をしやすい人に便利なAir Tag(エアタグ)

iCracked Store 東急ハンズ渋谷 最終更新日: 掲載日:

Air Tag(エアタグ)とは

Air Tag(エアタグ)はAppleが開発した、大切なアイテムの置き忘れや紛失をスムーズに発見できるようにするためのアイテムです。
Air Tag(エアタグ)と呼ばれるタグを失くしては困るものやよく失くしてしまうものなどに装着し、iPhoneやiPadなどで簡単な設定をしておくと、万が一手元から離れたときにiPhoneやiPadの「探す」アプリで速やかに見つけ出せるというものです。

こんな場面で

例えば家のカギや自転車、バイク、車のカギ、重要な書類が入っているビジネスバッグ、よく失くす傘などにAir Tag(エアタグ)を取り付けておけば、「あれ、ないな」「どこに置いたっけ?」という際に、Air Tag(エアタグ)からアラートを鳴らしてどこにあるかを特定したり、「探す」アプリでどこにあるか位置を確認することが可能になります。

さまざまなものに取り付けが可能だけれどやや大きめ

Air Tag(エアタグ)はiPhoneと紐づいてBluetooth信号を送信する仕組みなどが内蔵されており、直径31.9mm、厚さ8.00mm、重量11gあります。
サイズ的には500円玉硬貨よりも大きく割と重めなので、残念ながら小さなものの紛失防止に利用できません。
もっと小さなサイズなら、高齢者が失くしやすいメガネや補聴器などにも利用できそうですが、今後の進化を待つほかないでしょう。
なお、Air Tag(エアタグ)自体は円形のアイテムなので、カバンやカギなどに装着するためには、Apple製のカラフルなキーリングやループなどもあわせて購入することが必要です。

おしゃれでブランド製もある

AirTag(エアタグ)には、エルメス特製のタグも用意されています。
大切なカバンやデジカメなどに装着したいのでおしゃれなものがいい、ブランドバックに合わないものは困るといった場合には、利用すると良いでしょう。
ラゲッジタグ、バッグチャーム、キーリングの3つの革製アクセサリで、エルメスのブランド名もしっかり刻印されています。

Air Tag(エアタグ)の商品説明

Air Tag(エアタグ)は大切な持ち物を、iPhoneやiPadと紐づけることで、あっという間に見つけるために開発されました。
Air Tag(エアタグ)はBluetooth信号を送信することができ、近くにあるiPhoneやiPadなどのAppleデバイスの「探す」ネットワーク上で検知できるようになっています。
信号を受け取ったデバイスが、Air Tag(エアタグ)を装着した持ち物の位置情報をiCloudに送信してくれます。
「探す」アプリのマップ上で、位置を確認でき、発見できるという仕組みです。

簡単スピーディーに発見

Air Tag(エアタグ)を装着した持ち物が、それと紐づいているiPhoneから一定の距離が離れるとアラームが鳴って、すぐに知らせてくれます。
音に気づけない場合や音が鳴っている場所がどこかわからないときも、Bluetooth信号を受け取って「探す」アプリのマップに表示できるので、見つけにくい場所に落ちていてもスピーディーに探し出せるのです。

全世界のAppleユーザーが探し手に

Bluetooth信号は極めて短距離でないと検知ができません。
たとえば、家の外でカギを失くした場合や探しているバッグを電車の中に置き忘れてしまったといった場合は、自分のiPhoneが直接、Air Tag(エアタグ)からの信号を受け取れないのです。
ですが、心配することはありません。
全世界にいる何億人ものAppleユーザーが探し手になってくれます。
あらゆるAppleデバイスが、Air Tag(エアタグ)の信号を受け取り、中継役となって、位置情報をiCloudへと送信し、「探す」アプリへ届けてくれるのです。
といっても、各ユーザーが知らないうちに情報が暗号化されて届けられているため、匿名性は保たれており、プライバシー情報が流出するような危険はないので安心しましょう。

Air Tag(エアタグ)の便利な使い方

Air Tag(エアタグ)は失くしものをしやすい方におすすめですが、こんな使い方をするとより便利です。

家の中の探し物をスピード探索

手帳や小物ケースやカギ、お財布、メガネケースなど、家の中でもすぐに置き忘れてしまうものはありませんか。
たびたび、どこに置いたかわからなくなり、探す手間で時間をロスしているなら、Air Tag(エアタグ)を取り付けておきましょう。
「探す」アプリに搭載された「持ち物を探す」タブをタップすれば、Air Tag(エアタグ)の内蔵スピーカーがアラートを鳴らしてくれます。
音がする方向を探せば、すぐに見つけ出せます。

Siriにリクエスト

「探す」アプリを開くのが面倒な方は、Siriに声を掛けましょう。
Air Tag(エアタグ)を装着したアイテムの名称を、iPhoneに登録しておけば、そのアイテム名を探してと声をかけるだけです。
たとえば、家のカギが見当たらなくなったら、「Hey Siri、家のカギを探して」と声掛けします。
テーブルの下や書類の下、ソファの上などに落ちていれば、音が鳴るので、その方向を探せば見つかります。

水濡れをしても大丈夫

傘を外出先や飲食店、電車の中などでよく失くす人はいませんか。
失くすたびに買い替えていたら、たとえビニール傘であっても、結構な出費になります。
Air Tag(エアタグ)は耐水性能もあるので、雨に濡れる可能性のある傘の柄などにも取り付けておくことができます。
Appleユーザーのネットワークを通じて、外出先や電車の中でも、位置情報を得ることが可能です。
また、バイクや自転車のカギ、車のカギなどをポケットに入れたまま、急な雨に焦って走ったところ、どこかで落としてしまった経験はありませんか。
もし、外の落とした場所で雨に濡れていても、水たまりなどに落としてしまっても、Air Tag(エアタグ)には優れた耐水性能があるので、信号が送れなくなる心配は基本的にありません。

高齢のご家族の置き忘れ防止に

高齢のご家族との連絡を取るためにスマホを持たせるなら、iPhoneを首にかけるストラップを装着して持たせるのも一つの方法です。
同時にバッグやカギ、お財布などにAir Tag(エアタグ)を取り付けて、設定をしておきます。
そうすれば、一人での外出先で、お財布やバッグを置き忘れても、常に身に着けているiPhoneと距離が離れた瞬間、すぐにアラームが鳴って置き忘れを気づかせてくれます。

iPhoneの故障にも備える

AirTag(エアタグ)で紛失に備えても、それらを探すiPhoneやMacbookが故障してしまっては元も子もありません。
万が一に備えて補償サービスに入っておくのがオススメです。

モバイル保険というサービスであれば、スマホだけでなくタブレットやノートパソコン、ワイヤレスイヤホンなどモバイル通信機器全般を補償可能です。
1契約で同時に3台まで対象として登録できるので、手持ちのデバイスをまとめて補償にいれることができます。

この記事を書いた店舗

iCracked Store 東急ハンズ渋谷

iCracked Store 東急ハンズ渋谷

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12-18 東急ハンズ渋谷店1Bフロア


10:00~21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 03-5784-0671


ストアページへ ストア一覧へ