MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

【Pixel】Felicaが急に反応しなくなった場合はバッテリー膨張を疑え!!

iCracked Store 東急ハンズ渋谷 最終更新日: 掲載日:

こんにちは、iCracked Store 東急ハンズ渋谷店です。

当店ではGoogle Pixelの正規修理を行っておりますが、Pixelをご利用中のお客様から「Felicaが反応しなくなった」「Felicaの反応が悪い」といった症状でお持ち込みになられることがあります。今回はそんな不具合の原因となる一因をご紹介させていただきます。

 

背面の浮きの危険性

Felicaが急に使用できなくなった場合に考えなくてはいけないのはまず原因がどこなのかということです。

原因の一つとして考えられるのは、

【バッテリーの膨張+背面パネルの浮き】

によってFelicaが反応しなくなっているというものです。

 

Pixelを始め現在スマートフォンのバッテリーの多くは「リチウムイオンバッテリー」が使われています。このリチウムイオンバッテリーには、劣化により内部にガスが発生し膨張してしまう、という性質があります。

Pixel3やPixel4ですとバッテリーが膨張すると構造上背面パネル側に強い負荷がかかり、粘着剤で止まっている背面パネルが浮いてきてしまうのです。

Felicaは背面パネル側についているアンテナと基盤とが接触して機能しています。つまり背面パネルが浮いてしまい物理的に離れてしまうとFelicaが反応しないという不具合が発生する、というわけです。

 

ケースを付けていると浮きに気づかない場合も・・・

Pixelにスマホケースを装着していると、背面浮きに気が付かないという場合も多々あります。

当店に来店したお客様の中でも「背面が浮いている様子はない」とのご申告をいただいたものの、いざスマホのケースを外してみると大きく浮きが発生しているという事例もあります。

ケースで背面が覆われていると既に背面パネルが浮いていたとしても中々気が付かないものです。もし症状でお困りの方は一度背面の浮きを確認してみてはいかがでしょうか。

 

故障原因は多岐にわたります

決してFelicaの機能不良のすべてがバッテリーの膨張によるもの、というわけではありません。

内部モジュールが損傷している場合もあれば、内部基盤が故障している場合もございます。今回はあくまでも一例としてご紹介させていただきました。もしPixelのバッテリー交換をご希望の方は是非当店までお越しくださいませ。

無料での相談から、修理のお見積のみでも結構です。まずは一度お問い合わせください。

 

担当:O

この記事を書いた店舗

iCracked Store 東急ハンズ渋谷

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12-18 東急ハンズ渋谷店1Bフロア


10:00~21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 03-5784-0671


東急ハンズ渋谷店HPへ ストア一覧へ